夏の旅 〜秋田・大曲の花火〜

そして秋田・大曲へ。


今年も和小物加藤さんところの新作Tシャツを衣装にしたら、秋田のキャラクター「スギッチ」と丸かぶりという、なんてご縁のあること。(笑)



3年目の花火ウィーク、大曲での、花火前の一週間を楽しんでもらおうと、メイン会場、サブ会場とで「オーラリーオー!」と連日歌いました。毎日の終わりには、丸子川沿いに締めの花火。そう、一週間毎日花火が上がるんです。そして最後のステージが終わると、会場はいよいよ雄物川の全国花火競技会へ。


今年は「アップルロード」を初めて歩いてみたんですが、途中、稲穂の上に花火がとてもきれいでした。やっぱり田んぼが好きだなぁ。

そして会場の桟敷席へ。



遅れて到着すると、まもなくスコールのような雨が降ってたいへんでしたが、今年も全国の花火師さんたちの思いの詰まった花火を、夏の終わりに見届けることができました。

大曲のみなさん、全国から訪れていたみなさん、ありがとうございました。花火と共に僕の歌も、夏の思い出としてみんなの心に残ってくれることを願い、大曲を後にしました。大曲はまた次の花火に向けての一年を送ります。花火の街・大曲、みなさんもぜひ訪ねてみてください。合言葉は「オーラリーオー!」



大曲の花火ウィークテーマソング
『花火の街・大曲〜オーラリーオー〜』
大曲周辺各店他、ネットでも販売中>>こちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9/21(土)はお彼岸コンサート。宇陀のお寺で。


Choji Official Website>>ライブスケジュール
Facebook ページ>>Choji

夏の旅 〜奥能登・金蔵万燈会〜

夏の旅をまとめてお話ししておきます。まずは能登半島へ。「金蔵万燈会」は輪島市町野町金蔵(かなくら)の集落で行われる、キャンドルイベント。毎年8/16、集落の田んぼや五ヶ寺に約3万個のろうそくを灯します。


2年ぶりの訪問となりましたが、自ら作った「金蔵万燈会」という歌を歌いに行きました。



今年も最初のご縁となったこの慶願寺を任されたのですが、リハーサルをしてると、80歳代というおじさんが、トマトの箱にハーモニカを入れて現れ。おもむろに吹いて見せたりするもんだから、「何かやりますか?」と聞いて、そのまま本番で共演。




金蔵で新しいメンバーができました。


1時間ほど、万燈会を見に訪れたみなさんと、お寺のコンサートを楽しみました。終わると、久々に会う住職や、回廊にあるカフェ「木の音(こえ)」の奥さんといっしょに、まだ消えないろうそくを見ながら遅くまで、飲みました。これも恒例のお楽しみ。



翌日静かになった集落の風景。


数日間、滞在し、近辺でのライブでまたいくつもの出会いがありました。そんな話もまたいずれしますね。あ、、旅立ちの朝に大雨が降り、車が浄化槽に落ちて動けなくなるというアクシデントがあったんですが・・・Iさん始め、村の方々に助けてもらいました。おかげで無事に大曲へ向かうことができました。金蔵、そして輪島や珠洲や柳田のみなさん、それから他から訪れていたみなさんありがとうございました。また会いましょう。

『金蔵万燈会』2011年慶願寺でのライブ動画>>



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月の企画です。宇陀のお寺で。


Choji Official Website>>ライブスケジュール
Facebook ページ>>Choji


『田んぼオブザワールド2013 in 筒香』でした

さて夏の思い出その1は筒香で「田んぼオブザワールド」でした。ちょっと舞台裏から。



休校になってしばらく経つ旧筒香小学校では、今年改修工事が行われ、今後「筒香寄合会」を中心にさまざまな地域活性化の取り組みが行われます。そんな学校で、処分される予定になっていた2代くらい前の椅子と机。会場デザイン担当のひーさんが体育館下から発掘すると、なかなか雰囲気があっていいものでした。開催1週間前のことでしたが、なんとか使えそうなものを選んで、丁寧に拭いて、防腐剤を塗り、田んぼオブザワールド専用の備品となりました。


一方、開催2日前の夕方、集会所では、婦人会の一部の人たちと、音頭取りのげんさんが来てくれて、本番での「やっちょんまかせ」の打合せと練習をしました。この時のことは、僕にとってたいへん貴重な体験になりました。僕のリクエストを聞いてくれて、筒香かつての音頭取りのげんさんが、何十年ぶりかに音頭を取るということになった今回。練習中にげんさんが「”ひとつぼし”もやれ」と言い、うろ覚えだったもう一つの筒香の音頭を、思いがけず口伝で教わることになったんです。新しい文句も教わり、二日後に歌いきれるのかという不安もありながら、とてもわくわくしたものでした。


さて天気の心配も吹き飛び、当日を迎えました。会場は田んぼの中の広場。作業の格好でリハーサル。ギターのエベちゃんも東京から駆けつけました。



メイン会場が午後2時にオープンすると、ビールを飲んだり、おつまみを食べたり、散策したり。2年目にして常連のみなさんは、川遊びやBBQなどへ直行。(笑) 筒香の集落全体を思い思いに楽しみます。もちろん焼く野菜も地元の旬野菜。


そして夕方5時コンサートスタート。気持ちのいい田んぼの風に吹かれながら、みなさんに田んぼをゆっくり眺めてもらいながら、田んぼに似合う音楽を演奏しました。


第二部は、筒香かつての盆踊りの再現。「やっちょんまかせ」を歌い回し、踊り続けました。


そして、げんさんも見事に歌ってくれました。「50年前はもっと声が出たんですけどな、すみませんな。」とコメントすると拍手が湧きました。げんさんの音頭から感じたのは、感情とかそんなものではなく、まさに歴史でした。都会のエンターテイメントでは決して受けることのできない感動を、筒香に集まったみなさんと共有した瞬間でした。

最後は皆で「田んぼオブザワールド」を合唱し、畦にキャンドルが灯り、田んぼオブザワールドは終了しました。筒香に今も住む人と、外から訪れる人との大切な時間。この時間をまた繋いでいきたいなと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏の後半は東北、北陸へと大遠征ですが、帰ってくるとちょうど稲刈りの頃。筒香でも今年は稲の成長が早く、9月14,15あたりから稲刈りが始まる予定です。田んぼオブザワールドをいっしょに運営した「富貴・筒香田んぼつくりタイ」でも何週かに渡って刈っていくので、一日でもぜひ参加してみてくださいね。詳しくは僕Chojiまで。

さて、それともう一つ、繋いでいきたい地域の企画が9月に開催が決まりました。筒香からは1時間半ほどですが、奈良県は大宇陀の報恩寺で、9/21「宇陀歌彼岸会」という地域と共催のコンサートを開催します。もちろんまた地域を楽しむ企画も準備します。秋にはこちらもぜひ遊びに来てください。



8/24大曲の花火までのライブもいくつか決まっています。Chojiが歌うスケジュールや最新情報はホームページ、またはFacebookページをご覧ください。
↓↓
Choji Official Website>>ライブスケジュール
Facebook ページ>>Choji


父の日はChoji's House!

年に2回、6月と12月は、横浜『Welcome to Choji's House!』、6月は恒例の父の日開催です。サムズアップスペシャルメニューも。



そしてプレイヤーゲストにハーモニカの倉井夏樹くん、初めての登場でしたが、すごい存在感でしたね〜。ハーモニカってどんな音するんだろう?とみんな興味津々。時にチェロのような豊かな音で、時にサックスのような大人な音で、いつもの楽曲にも色を添えてくれました。


それから「プライド」を歌う前に、父との話などしていたら、どういうわけか演歌を歌う流れに…、お客さんに促され、ついでに夏樹くんまで上手に振るもんだから、つい調子に乗って「北国の春」


「やっちょんまかせ」に、新曲「軽トラでゴー」など、大いに盛り上がりました。そして、最後は「田んぼオブザワールド」

7/27の開催の告知に現れたのは、ヒーペンターズ?謎の外人、田靴に傘をかぶって登場でした。


セットリストはこちらから>>[Choji's House!]

というわけで『Welcome to Choji's House!』次回は12/15忘年会の開催です!またぜひ、それから今回来られなかったみなさんもぜひ、お集まりくださいね!


そして、7月27日(土)和歌山県高野町筒香で行われる、Choji Presents 田んぼの中のコンサート『田んぼオブザワールド in 筒香』のチケットがいよいよ発売になりました。

今年も、夏の青々とした田んぼの中でお待ちしてます!

7/27(土)
〜Choji presents 田んぼの中のコンサート〜
『田んぼオブザワールド 2013 in 筒香』
会場OPEN 14:00 / Concert START 17:00(日没まで)
前売チケット:¥2500


問い合わせは:ツキオン・エンターテイメント
tel) 080-9690-0902 / e-mail) info<at>tsukion-ent.com
チケットは和歌山県橋本市「やどり温泉いやしの湯」でも販売しています!
※宿泊についてもツキオン宛てにお早めにお問い合わせください。

詳細は>ライブスケジュール



福島・西会津のこと

西会津のお話を少ししておこうと思います。13号線ツアーを福島(市)で終えて、そこから115号、49号と西へ向かい、八重の桜で話題の会津若松も通り過ぎ、新潟との県境まで来ると、西会津町があります。奥川という地区はその中でも一番新潟寄りですが、この地区とのお付き合いもかれこれ5,6年でしょうか?キノコ農家をしながら精力的に地域おこしにエネルギーを注ぐ、通称キノコママ(佐藤昭子さん)に声をかけられ、桐下駄職人のNさんや、地域で生きている人たちを次々と紹介してくれたのがきっかけでした。



そしてそのキノコハウスでも2011年3月、震災の思わぬ煽りを受けました。距離的に、放射能汚染のほとんどなかった西会津ですが、シイタケの菌床を扱う県外の業者からわずかなセシウムが検出され、すぐさまキノコ生産を自粛し、現在も生産できないままの状態にあります。

そんな中、災害時の備蓄アイテムとして「おかゆの缶詰」を作ったり、さらにこの春、地域交流の拠点にと「縁側カフェ」という立ち拠り所をオープンさせたんです。さまざまな運命を背負いながらも底抜けに明るく、エネルギッシュなキノコママ(昭子さん)とパパ(時男さん)に引き寄せられ、その縁側カフェオープンの際には歌いに来ると宣言していたのでした。


自宅の玄関がそのまま店の入り口に変わっていたその大胆さはさすがです。(笑)まずは地元の人たちとささやかにという意向で、僕の方でも告知はしませんでしたが、ゆっくりと和やかな時間を過ごしました。そして歌った「田んぼオブザワールド」がやはりここでもおもての景色に溶け込んでくれたようで、アンコールにもう一回!とリクエストされました。


残った人たちと打ち上げなど。話題は田んぼのことでした。このあたりでも高齢化によって田んぼをできなくなる家が増え、なんとかならないかな〜と。僕の関わる和歌山は筒香での事例を話すと、興味深く聞いてくれました。


前日に山の中を歩いてみつけた昔の棚田の跡。もう50年ほど経っているとか?冬の間に降った雪で萱がつぶされて地形が見え、遺跡のようでした。ここが棚田だった頃はさぞ美しい景色だったんだろうな〜と。


山の中の小さな集落に、こんな個性的な二人がいると、なんかキツネに化かされているような不思議な気持ちになることもあります。(笑)


あらあらつくしまで。(笑)やはり不思議な集落だなぁ。地域に住むいろんな人たちとお話しして、この地域のこれからにも立ち会っていけたらなと思っています。

おかゆの缶詰のサンプルもいくらか預かっています。興味のある方はライブの時にでも声かけてくださいね。


★☆★☆★

6/16(日)父の日はChoji's House!
『Welcome to Choji's House! vol.35』
会場:横浜サムズアップ
時間:OPEN 12:00 / START 12:30
料金:前売¥2000 / 当日¥2500
出演:Choji / プレイヤーゲスト:倉井夏樹(harmonica)

予約受付中!



BBSお返事>
>もくもく2453さん、会えてよかったです。また寄らせてもらいますね!

春よ来い!13号線ツアーアルバム

春よ来い!と若干薄着ででかけたツアーでしたが、あららまだ冬?雪にも見舞われながら、それでも各地で温かく迎えてもらいました。んだ、東北やっぱしいいべ〜

まずは秋田大曲から。花火以外で歌うのはひさしぶり。


打ち上げでなんとなくみんなでチョージの「C〜」って。


寄り道〜三郷町は六郷湧水群「ハタチや」さんのハリザッコ。湧水に住む珍しい魚。お店の横では1分間に400リットルもの水が常時湧き出しています。


13号線を南下、山形は東根へ!


コーヒー屋おおもり!さくらんぼ東根マラソンの「勝手に前夜祭!」はいつもここでした。ここでも単独ライブは久しぶり〜


マスター「チョ」、ママ「ウ」、自分「ジ」。いつだってたのしいお店。

そして、13号線は雪模様〜


米沢抜けて栗子峠。


ギブアップ〜除雪車に助けられ〜なんとか越えて・・・



ラジオ福島、手塚伸一さんの「サンキン」にすべり込みセーフ。


夜はプレイヤーズカフェで最後は地元福島のaveとアンコール。


やっぱり打ち上げ!

と”春を待つ”13号線ツアーでした!facebookでリアルタイムに各地でのことを書いていたので、よければそちらも覗いてください。アカウントが無くても見られます。>


このあと西会津に向かいましたがそのことはまた次回お話ししますね。


★☆★☆★

6/16(日)父の日はChoji's House!
『Welcome to Choji's House! vol.35』
会場:横浜サムズアップ
時間:OPEN 12:00 / START 12:30
料金:前売¥2000 / 当日¥2500
出演:Choji / プレイヤーゲスト:倉井夏樹(harmonica)

予約受付中!



種を蒔く

ツアーを前に種を蒔いたので、もう少しだけ田んぼの話を。筒香(和歌山県・高野町)の田んぼの前に、ちょうど、松阪のうちのおじさんの田んぼでも籾蒔きがあったのでちょっと覗きに。近所の6軒で共同購入したという機械で、一気に1000枚ものケースに籾を蒔いていきます。37年間世話になっているお米の、種まきに初めて立ち会い、村の人とも話ができていい機会でした。「来年もてったい(手伝い)に来いよ〜」って。




その3日後、4月8日大安。今年も僕らは筒香で種を蒔きました。



やっぱり平地で耕地整理した大きな田んぼのようにはいきません。一枚一枚手作業で蒔いていきます。





この一粒が、茶碗一杯のごはんになるまで、今年も見守ります。


さて、田植えを前に各地で歌います。地域のこと、暮らしのこと、お酒でも飲みながら。ぜひ生で聞きに来てください。


●4/13(土)奈良県/桜井 マジックマレット:0744-43-2226
OPEN 17:30 / START 18:00

●4/18(木)秋田県/大曲 グリーンロッジ
OPEN 18:00 / START 19:00

●4/20(土)山形県/東根 おおもり
OPEN 19:00 / START 19:30

●4/21(日)福島県/福島 プレイヤーズカフェ
OPEN 17:00 / START 17:30

〜そして6月の父の日は今年も!

★6/16(日)神奈川県/横浜 サムズアップ
『Welcome to Choji's House! vol.35』
OPEN 12:00 / START 12:30
 
ご予約お待ちしてます!詳細は
Choji Official Website>スケジュール



田んぼの季節

土曜日は日の出と共に松阪を出発し、166号線を通って筒香(和歌山)へ向かいました。朝日を浴びながら、山あいに棚田や茶畑を見て走るのはとても気持ち良かったです。ところどころに桜も見ごろで、これから度々通る道がこんなに気持ちいいのはとてもラッキーなことです。

さて、筒香でもそろそろ田んぼの準備。この日は昨年『田んぼオブザワールド』を開催したあたりの田んぼの、“井で堰”の作業があるということで向かいました。井で堰とは田んぼに水を引く水路の整備。快調に飛ばして8時半に着くと、もう地域の人たちが作業をしてました。で、準備して作業に入ろうとするとちょうど休憩。「遅いぞ〜まぁ飲め」と今日もここから(笑)


昨年の田んぼオブザワールドの会場。付近の田んぼは今はこんな感じです。


井で堰終えて、無事に川から水を連れてこれました。


午後からは苗床作り。水平になるように土を敷いていきます。


今年もこの景色が田んぼ色に変わっていくのが楽しみです。

縁あって自身参加し副会長を務める「富貴・筒香田んぼつくりタイ」の活動も今年で3期目。今年も田んぼ3枚と茗荷畑を。そして新たに棚田部分の再生にも手を加えようかと準備しています。関わりタイという方は個人的に声かけてくださいね。

そして今年も田んぼの中のコンサート『田んぼオブザワールド』は筒香で開催しようと準備中です。日程などは地元の人たちと相談しながらなので、もう少しお待ちください。田んぼに水が入るまでにはいろいろ決まるかな。


おとなりの奈良で春のコンサートです↓

●4/13(土)桜井 マジックマレット
OPEN 17:30 / START 18:00
※アースデーイベントで17時までもさまざまな催しがあります。
予約・問い合わせはマジックマレット:0744-43-2226
Chojiのスケジュールページからもメール予約できます。

そしてその後は東北13号線ツアーです↓

●4/18(木)大曲 グリーンロッジ
OPEN 18:00 / START 19:00

●4/20(土)東根 おおもり
OPEN 19:00 / START 19:30

●4/21(日)福島 プレイヤーズカフェ
OPEN 17:00 / START 17:30

詳しい予定は
Choji Official Website>スケジュール


松阪

「何もそんな遠くじゃなくてもあったでしょ?」と何人かに言われました。(笑)不便でいいからもう少し広くて安い物件をと探していて、元の家の更新期限間際の1月末、急に浮上した選択肢に、2月末には移っていました。横浜で10年住んでいた家は、事務所や倉庫機能も持つにはもはや手狭で、しかも年のうち3〜4か月留守をするのに払うには高すぎる家賃と駐車場代。実はそんな事情から発した選択だったんです。移住願望ではなく。

加えて2年前に高野山近くの筒香で田んぼを始めてから、和歌山、奈良、大阪への用事も増えていて、ほぼ毎月遠征していたことも後押しとなり。無くないね…、うん有りかも〜と。


家から数十メートルのところの景色です。歯をみがきながら歩いてこられます。3年前まで父方のおばあちゃんが住んでいた家は、幼いころは夏休みに、最近は、ツアーの合間に立ち寄っていました。じいちゃんに続いてばあちゃんが亡くなってからは、家の管理と墓参りのために両親が数か月に一度、横浜から通っています。空き家の管理、一番確かな縁。住んで自家の歴史や土地のことを知るにもいい機会だなと思ったわけです。


まだ荷物を整理しながらですが、両親を通してしか話したことのなかった親戚と、初めての話をするのも、とても不思議でうれしい感覚です。

いつまで住むかはわかりません。土地の人には迷惑かけないように、事情をしっかり話していこうと思っています。毎月のように横浜へ行き来することになりますが、住んでみないと、外から見てみないとわからなかったことは、既にいろいろ感じています。さっそく今夜発って週末は横浜でライブですが、またいろいろお話したいと思います。


一番の収穫は”はなれ”にスタジオができたこと。溜まっている創作活動にも力を入れようと思ってます。この土地でもそろそろ田植えの準備。「ぢいちゃんの米」のじいちゃんは、ここから500メートルほど離れた母方の在所(実家)で元気です!


<ライブ情報>

●3/16(土)横浜/伊勢佐木町『まったり屋』
時間:OPEN18:00 / START20:00
料金:食事付2500円/ライブのみ1500円

※18時からの食事付券は完売しました。
20時からライブのみは若干の空きがあるようなので
お問い合わせください。

奈良県はマジックマレットで2度目のライブが決まりました↓
●4/13(土)奈良県/桜井 Magic×Mallet
時間:OPEN17:30 /START18:00
料金:1500円(ドリンク代別)

詳細、この他のライブは>



国府津ちえのわハウス

昨年に引き続き1月は国府津、ちえのわハウス。



お店の奥にこうしてイベントスペースがあります。フェアトレードや地産地消の商品などを揃え、地域の情報発信基地のようなお店。神奈川でもローカルなライブはできますよ〜というような話から始まった企画です。



地域のことや環境のこと、農業のことなどに関心のある人たちが多く、僕の各地での体験話や歌を、真剣な眼差しで聴いてくれました。曽我のKさんところのみかん狩りの歌を作って歌ったら、地元の歌ができた〜と喜んでもらえました。


最後は今年もまた地元のお酒をいただいちゃいました。ごちそうさまです!

ライブ後、お店に残った人たちとおしゃべりしてました。季節ごとに風が吹くと、街に梅の香りや、みかんの香りがするとか。国府津から御殿場線で一駅の曽我は、梅の里。まもなく開花すると、富士山をバックに一面の梅林が、とてもきれいですよ。国府津に曽我と、神奈川の西の方のエリアは最近僕にとっても縁が増え、馴染みの地域になりました。みなさんもまたぜひおでかけください。

来てくれたみなさん、ちえのわのみなさん、ありがとうございました!

◇沿線情報などはこちらで>ごてんばせんネット


*****




<< | 5/84PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM