安曇野で

長野県は安曇野へでかけてきました。


去年から神奈川の方で、ライブの話をいくつか繋いでくれている埋橋さんが、ここも「きっと合うから」と連れていってくれました。こういった直感は僕にとってとても大事です。


さて、「おとづれ庵」という名の付いた、個人のお宅でお試しライブだったので、僕の方では告知はしませんでしたが、まぁ素敵なところでした。家の前の景色。林の手前は稲刈りを終えた田んぼですね。「もし宝くじが当たったらこの林も買ってしまいたいの」と、主催してくれたひとみさん。安曇野は人気の別荘地で近年は造成が進んでいるので、土地を守っていくのもたいへんなようです。


3日間泊めてもらっていたんですが、2日目に雪のちらつく中、有明山という神社まで30分ほど歩いてみました。道中、りんご畑にたくさんの猿が、真っ赤なりんごを両手に持って出入りしていました。近くに作業している人がいて「こらー!」と言っても効き目なく。日々戦いが繰り広げられている様子でした。


そばというと僕の場合、いつも山形ですが。信州のそば、これまたうまかったです。493円でこの盛りというのがまたうれしい。

夜には大雪渓という地元のお酒を飲みながら連夜いろんな話をし、ライブ当日を迎えました。


朝起きると、一面の畑に霜が降りて真っ白の景色。そんな寒い日でしたが、お昼のライブに向けて模様替え。


おもてなしに、自家製おやき。これがめちゃめちゃうまかったです。また食べたい。。


近所の人や、長野県内のちょっと遠いところからも、ひとみさんと親しい人たちが集まってきてくれました。

いつも思うことですが、歌を聞いてもらうまで、どういう者なのかわからない中、集まってくれるのは、声をかけている人との信頼関係しかないんだろうなぁと。今回、ある歌で、たくさんの人が涙を流して聞いてくれて(僕自身はそれが全て見えるので動揺してましたが)、いいご縁になったなぁとお互いに実感できたような気がしました。

帰りに埋橋さんに言われて気づいたことですが、僕のこういった小さなライブ活動は、どさ回りでも下積みでもなく、これ自身が求めているライブ活動なので、もちろん続けていくにはいろいろ工夫しなければいけないですが、今年も春からいろんなところで呼んでもらえたこと、改めて感謝の気持ちがこみ上げてきました。


3日間楽しい時間を過ごした高山家の人たちとお別れし、中央道を走っていたときのこと。煌々と光る満月をかすめて、渦上の雲?が地上から天へ伸びていました。竜巻のようにも見えるけど動いている様子もなく、不思議な光景でした。


さて、残すは横浜、忘年会ライブです。遠くからもぜひおいでください。

12/16(日)
『Welcome to Choji's House! vol.34』〜忘年会SP〜
横浜Thumbs Up
12:00open/12:30start
前売¥2000

予約お待ちしてます。



筒香の稲刈り

9月30日の奈良県は宇陀のお寺でお月見コンサート、〜の前に、7月に田んぼオブザワールドを開催した筒香(和歌山)へ稲刈りに行っていました。というわけで稲刈りの話から。


着いた日こそ雨が降りましたが、その後1週間秋晴れが続き、毎日が稲刈り日和でした。


田んぼオブザワールドの会場の周りの田んぼは一面の黄金色。奥の建物が夏のコンサートの会場だったところ。


僕には田んぼの師匠が二人います。一人は僕の疑問になんでも答えてくれるH会長。もう一人は朝から僕の手にいつもビールを握らせてくれるMさん。この日も、田んぼに行って、隅っこを手刈りしていたら、Mさんが機械を押して戻ってきたので、「代わりますか!?」って聞いたら、「倉庫からビール持ってこいよ、〜まぁ飲もうや」と。乾杯♪


もちろん仕事しますよ。


「はざかけ」で、刈った稲を干します。今年は自分ではざ木を組むことを覚えました。木は山で切り出してきたヒノキを使います。杉よりも長持ちするそうです。


夜には近くの「やどり温泉」へ行きます。帰りにはよく鹿に会います。人を恐がらないのは困ったものです。稲を食べられるのもそうですが、Mさんは今年軽トラで追突してバンパーが落ちました。


一週間で筒香の集落はすっかりはざかけの景色になりました。集落のどの家もが、意図せず今もこのはざかけの形で収穫をしているのは、少し珍しいようです。それぞれの持っている田んぼが小さく、新型の機械に移行しにくかったことによるらしいんですが、はざかけは何といっても人手のいる作業です。この景色が失われないよう、少しでも長く力になっていきたいです。


こんなサプライズもありました!が、出所はナイショです。富貴・筒香は松茸の産地でもあります。旬はこれから。


さて稲刈りを終えて、山の上に覗くお月さんもまもなく満月へ。おいしい新米をたのしみにして、筒香をあとにしました。


夏の旅アルバム


大曲の花火が終わるといつものコースで本荘へ。稲穂が揺れ、


そば畑の白い花がこんなにきれい。


村の人が集まり、


お酒を飲んで歌うのも毎年恒例。今や田んぼで必須の僕の”傘っこ”はここでもらったもの。


仁賀保高原の土田牧場へ。


花火終わったから来るかな〜と思ってたのよ〜とごちそうになり。
…ここでもそろそろまた歌いたいな。


酒田(山形)の友人宅に寄って、
そして、新潟へ


越後妻有・大地の芸術祭へ


廃校舎と鉢という集落を舞台に「絵本と木の実の美術館」がよかったです。


車を置いてフェリーで佐渡島へ


赤泊から小木へと路線バスの旅


飲んじゃうよね。


2年前の集落調査で発見した”幻の滝”へ


あった!今度はみんなを誘って来よう。


各地でのあれこれは今週のライブで♪

●9/14(金)東京/等々力 Saloon Western Club
 OPEN 18:30 / START 19:30

それから中秋の名月には奈良県でお月見コンサートです。

●9/30(日)奈良県 『宇陀のお寺でお月見コンサート』@報恩寺
 OPEN 17:30 / START 18:00 

詳しくはライブスケジュールのページを見てくださいね>


筒香滞在記4 〜みょうが始めました。…そして夏には!〜

ちょっと農作業の話が続きますが…

今年からグループではみょうが畑も始めました。下筒香という地区で以前にみょうがをされていた斜面を手入れし、出て来た「タコナ」(芽)を間引いて、新しい畑に移植する予定です。


新しくみょうが畑にする土地は、数年前まで田んぼをやっていたところ。「溝きり」といって、水捌けのために畑に筋を付けていくんですが、これが完全な手作業。鍬やスコップを持って、筋が曲がらないように注意しながら土を掘っていくのはかなりの重労働でした。


蛇が出てきて、子供たちがわいわいと言い出し、僕もおもしろがってしばらく格闘。田んぼや畑で生き物とやり合うのも一つの楽しみ。


絵を描いたように綺麗に筋のついた畑を眺め、ときどき大きく曲がったのをみつけては、「誰のだ〜」とちゃかしながら。農作業で汗をかいたなぁと実感のわく一日でした。

…一方田んぼの方はというと、すくすくと育った苗たちをいよいよ田んぼに出しました。H会長の家の前、遅咲きの八重桜が満開でした。4月30日のことでした。



さて、筒香滞在記はこの辺で。5月の滞在の時には、大阪、淡路、香川とライブにでかけますが、そのあたりの話はまた次回以降に。

そして!

この足しげく通う筒香(和歌山県伊都郡高野町)にて、夏の青々とした田んぼの景色の中でのコンサートが決まりました。7月28日(土)の開催です。一日田んぼの風に吹かれて遊んでもらおうと、地域のみなさんと準備中。夏休みの予定に今年のおすすめです!


☆まずは父の日のChoji's House!へ〜家族でおでかけください☆

●6/17(日)『Welcome to Choji's House! vol.33』
〜父の日スペシャル〜
横浜THUMBS UP / OPEN 12:00 START 12:30
出演:Choji / 江部和幸(ギター・バイオリン) 

●7/7(土)『STORY』〜記憶の旅〜

●7/28(土)『田んぼオブザワールド in 筒香』

http://choji.jp/schedule.html ☆予約受付中!



筒香滞在記3 〜2年目の田んぼ〜

富貴・筒香(和歌山県伊都郡高野町)滞在の様子のつづき>

田んぼは2年目となりました。去年覚えたことも一年経つといくらか忘れてしまい、また改めて教えてもらいながらやっていきます。


「井手堰(いでせき)」は川から水を“連れてくる”ところの掃除。去年の台風の影響で溝には土砂が大量にたまり、川の流れも逸れてしまっていて、今回は一苦労でした。都市からもメンバーが参加する「田んぼタイ」の活動としても、この日一番人数が集まったのが幸い。土砂を取り除き、川の流れを作るのに、砂袋や大きな石を水の中に積んで、なんとか水を連れてくることができました。


トラクターに乗るのも1年ぶり。手作業と合わせて、水を入れる前の田んぼを耕していきます。


そうそう、溝の方でカエルが卵を産んでいました。普通は水が入った頃に田んぼにやってきて産むそうですが、気候変動で人と動物の春を感じる時期にも誤差ができてるんですかね。待ち切れずに産んだんだろうと。「こんなんは珍しいは」とH会長。


さて夜は集会場で泊まりの人たちとH会長とでやっぱり遅くまで飲み続け。空いた一升瓶に、翌日ハードな農作業をしながら後悔したのは言うまでもありません。(笑)


☆旅の報告と新曲と、ライブです!☆

6/17(日)横浜 『Welcome to Choji's House! Vol.33』
〜父の日スペシャル〜
場所:横浜 Thumbs Up
時間:OPEN 12:00 / START 12:30
料金:前売¥2000 / 当日¥2500
出演:Choji / 江部和幸(ギター・バイオリン)


筒香滞在記2 〜名張、月ヶ瀬へと遠征〜

少しずつ関西方面も各地で縁ができてきたので、用事があると山を下りてでかけていきました。


4/26は三重県名張市のコミュニティーFMにお呼ばれしたので、車で3時間ほどかかりましたが、遠征しました。初めてなので聴きたいことを聞いてくださいと、パーソナリティーの田口さんに伝えてブース入り。生演奏の選曲も、話の流れでとしたところ、「心の森」を歌うことになりました。小さなブースの中、目の前で歌ったためかもしれないですが、歌い終わると田口さんは涙していて、ブースの外のメンバーまでそれを見てもらい泣き。。なんとも愛情深い一曲コンサートでした。

そのあと、車で30分ほど走って、気になっていた月ヶ瀬(奈良県)の森の中のお宅へ。今回のFM出演の件も紹介してくれた、福島出身のAさんといっしょに向かいました。広いおうちでときどきコンサートもされているということで、いろいろとお話を。そして、一曲歌ってみませんかと言われ。ここでも「心の森」

「ここのテーマソングにさせてください」と奥さん。森の中で、通ってくる人たちをやさしく迎えてくれる、素敵なご夫妻。おいしいお茶とスイーツをごちそうさまでした。

帰りがけ、旦那さんが「タケノコ掘っていきますか?」と言われ。家の周りの竹やぶに入り、いいのを見つけて掘ってみました。道具がなかったのでスコップで。その柄でうっかりあばら骨を打ってしまい、そのあと2〜3週間ほどうずいてました。都会の子みたいで恥ずかしいことです。(笑)


☆ライブスケジュール☆

6/17(日)『Welcome to Choji's House! vol.33』
横浜 THUMBS UP / 12:00 OPEN


筒香滞在記1〜地区の餅まきで〜

4月5月と、和歌山県は高野町富貴(ふき)・筒香(つつが)という地区に滞在しました。去年から田んぼをやっている場所からほど近い中筒香の集落に、一軒のおうちを借りて住みました。


山の斜面を少し上がったところで、下には廃校になった小学校、その向こうの川沿いに桜が一本。大きな窓を開けて正面の山を眺め、鳥の声を聞きながら朝を迎えます。

ちょうど地区ではお地蔵さんの命日に合わせ、お寺の餅まきがあり、その準備に皆が集まるというので混ぜてもらいました。去年から何度も通っている土地なので、顔なじみの人も増えて、少しずつわかってくる世間話を聞きながら、餅をまるめていきます。


餅まきというのはこのあたりのお寺や神社の行事ではよく行われるもので、お供えしたあとに、来る人たちに向かって餅を投げるんですが、この地区では、近年はお菓子などと一緒に袋に詰めて、配って渡すようにしているようです。


行事のあとはお酒を飲み、「みな一人やで、なかなか帰らんは〜」などと冗談を言いながら、静かな集落も少しだけにぎやかです。やがて夕方になるとそれぞれの家へと帰っていきました。



夜、親しくしてくれている猟師のSさんが鹿の肉を持って家に寄ってくれました。一頭で二カ所しかとれない「セミ」という部分を刺身でいただきました。塩とごま油で。柔らかい食感が癖になり、これを“アテ”にまた遅くまで飲みました。


☆ライブスケジュール☆

6/17(日)『Welcome to Choji's House! vol.33』
横浜 THUMBS UP / 12:00 OPEN

猪苗代から戻ってふたたび


GWは福島、リステル猪苗代へ。スタートから参加してきたGW恒例イベントですが、去年伺えず2年ぶり。馴染みの人たちと2日間を過ごし、最後のステージでやっと晴れました!天気の移ろいを見守りながら、合計4ステージ、いろんな歌を歌いました。お世話になったみなさん、雨の降る中も聞いてくれたみなさん、ありがとうございました。

そのあとは東京へ向かう渋滞の渦へ〜


さて少しだけ戻った横浜では、これから続くイベントの準備で、津和野(居酒屋)に行く暇も無く(笑)。そして明日はまた大阪です。「共生の森」という大阪湾埋め立て地における森づくり活動のシンポジウムで「心の森」を歌います。そのまま和歌山の筒香の集落へ戻り、田んぼの様子を見ながらしばらく滞在。そして5/19,20は、淡路、香川とたのしみなお店でライブです。というわけで慌ただしくもまた旅に出かけますが、さまざまな報告と共に、旅の後のライブもぜひ楽しみにしててください♪


6月17日父の日は『Choji's House!』へ!
⇒予約受付中
7月7日七夕『STORY』の詳細も掲載しました!


旅の様子や近況などはこちらでもお知らせしています。
※アカウントが無くても見られます。



持尾の集落

まだ横浜です。西への出発は21日の奈良県桜井市「MAGIC×MALLET」のライブに合わせてになりそうです。その前に先日、いくつか決まっているライブやイベントの、下見と打合せを兼ねて奈良、和歌山、大阪と3,4日行ってきました。そんな中、またいい集落に出会えたので…。

大阪の河南町という場所は、去年の四国ツアーの終わりに弘川寺に寄ったときに、一度踏み入れていました。弘川寺の裏にある広大な森の手入れをしているのが、「里山倶楽部」というグループで、そこのTさんと偶然にもこの1月に横浜でお会いし、更にいくつかの偶然を経て、今回訪ねていったのでした。

持尾1

弘川寺から車で10分足らずで、持尾(もちお)という集落があり、こんもりとした山のてっぺんあたりに里山倶楽部の作業場があります。この土地の長老で里山倶楽部の会長も務める、久門(きゅうもん)太郎兵衛さんが、山を花木で彩ろうと植えていった木が春の訪れを知らせます。春がくることを山が爆発すると表現するそうです。

持尾2

竹やぶの中に、ツリーハウスがあるというので行ってみました。はしごがかかっているのはエノキの木。Tさんの後について登ろうとすると、突然「バサァーッ」と大きな影が飛び出していきました。登ってみると…

持尾3

卵…!竹やぶの奥からフクロウが心配そうにこっちを見ていました。このツリーハウスを訪れる人もしばらくなかったようで、住処にしていたようです。ごめんよ。

持尾4

登ると平野を一望できます。遠くに淡路島まで見えました。

実はTさんとは別のNPOの活動現場を大阪湾へ観に行く予定だったのですが、ふとこの集落に立ち寄り、興味津々に案内をお願いし…、このあとの予定がものすごい駆け足になってしまいました(笑)。月末にこの持尾で「春ごと」と言われる会におよばれしたので、その時にまたゆっくり集落を歩いて、この高台にあった城の跡なども観に行ってみようと思ってます。うーん…久門さんともゆっくりお話ししてみたいし、なんとも惹かれる集落でした。


>>>>>>>>>>

さて、ライブがいくつか決まってきました!5月は淡路島から四国へ。「おてんとさん」は去年のツアー以来2度目〜ヤギちゃんたちは元気かな。淡路島の「ふくカフェ」もおてんとさんからの縁で知り合った新しいお店。どちらもたのしみです♪ そしてスタートのMAGIC×MALLETは奈良初ライブ。こちらも下見で行ってきましたが、木のぬくもりを感じるいいお店でした。


●4/21(土)奈良県桜井市 MAGIC×MALLET 0744-43-2226
 時間:OPEN 18:00 / START 19:00

●5/19(土)兵庫県南あわじ市 ふくカフェ  0799-53-6170
 時間:OPEN 19:00 / START 19:30

●5/20(日)香川県さぬき市 古民家cafe おてんとさん 0879-43-5290
 時間:OPEN 15:00 / START 15:30

そして横浜に戻ると!

●6/17(日)横浜『Welcome to Choji's House! Vol.33』
 〜父の日スペシャル〜 ランチライブ
 場所:横浜 Thumbs Up 045-314-8705
 時間:OPEN 12:00 / START 12:30

予約受付中です!

各ライブの詳細は>


BBSお返事>
>イッコさん、お体大丈夫ですか?こちらは元気にやってます。また気分転換にライブに遊びに来てくださいね!


筒香の冬

先週はしばらくまた和歌山県は高野町筒香(つつが)の集落に行っていました。東北や北陸などの今年の大雪はとても心配ですが、こちらもこちらで雪でした。。

tsutsugafuyu1

和歌山〜と言うとあったかいイメージをするかと思いますが、高野山付近の標高の高い地域は、冬は雪が降り、とても寒いんです。その分、夏は涼しく、クーラーがいりません。

中筒香(なかつつが)の集落で、稲刈りの時にもお借りしたお家に今回は4泊5日の滞在。古い造りの上に、普段は誰も住んでいないということもあって、なかなか部屋の中があったまりませんでした。一日目にファンヒーターを借りてきて、二日目から石油ストーブを追加、さらに近所のYさんがホットカーペットも持ってきてくれて、コンロを出して鍋をしていても、部屋の中が2ケタの温度になることは最後までありませんでした。。毎晩、よく知る近所の人たちが寄ってくれて、鍋を囲んだんですが、お酒を飲み飲みしゃべる口からずっと白い息が出ているのが、なんともおかしかったです。

120125tsutsuga

雪で車での動きが制限されてしまったので、晴れてきたところを隣の下筒香(しもつつが)の集落まで散歩しました。中筒香と下筒香の間に小さな神社があります。狛犬さんの髪型がなかなか凛々しかったので。

tsutsugafuyu3

さて、今回はあるイベントの相談もしたくて、農作業のないこの時期にゆっくりと訪ねてみたのでした。雪が降って、会える人も限られましたが、なんとか雰囲気を伝えておくことができたかなと思っています。企画するのは田んぼの中のコンサート。今は一面真っ白な景色ですが、夏の青々とした稲を背景に歌ってみたいなぁと考えています。。まぁ話はこれからですが。

tsutsugafuyu5

テーマソングだけが先にあるので(笑)、玄関でこっそり歌っておきました。「田んぼオブザワールド」♪。焦らずじっくり進めていこうと思ってます。どこも雪だと思い込んでいたのですが、山から降りて町に出ると雪は無く、長靴を履いたままひさしぶりのコンビニの中をうろうろしていたら、だいぶ浮いていました。(笑) というわけで、初めての冬の筒香滞在記でした。


☆★☆ライブのお知らせ☆★☆

○3/4(日)神奈川/北久里浜 うな萩
○3/16(金)東京/等々力 Saloon Western Club



<< | 2/10PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM