『佐渡・安養寺』編 〜マップ作り作業とは〜

先にお話しした安養寺のマップ作りは、佐渡市の地域再生の事業の一環でたまたま僕が引き受けたもので、なかなか珍しい体験を、もう少し写真と共に報告しておこうと思います。(写真は“ひーさん”)

安養寺という集落は現在15軒のお宅しかなく、住んでいる人の平均年齢は80歳の手前という、いわゆる「限界集落」と言われている場所です。ところがここには千数百年の歴史のあるさまざまな文化遺産が残っています。

さて、1週間の作業の一日目にはまず集落の境界部分辺りまでひととおり車で走り、その全体図を地図にしました。



宿泊場所にしていた安養寺公民館には黒板があり、ここに書いていくのはなかなか楽しいものでした。僕は絵は下手なんですが、地図を書くのは得意みたい。。聞き手は今回のプロジェクトに声をかけてくれた十文字さん。



翌日からはとにかく歩きまくりました。道筋や気になるポイントはメモを取りながら…



田んぼはまだ田植え前、今年は特に、寒くて田植えも少し遅れたそうです。…特別に間を歩かせてもらいました。



お勧めの散歩道〜「善五郎橋」から。右に見えるのが佐渡で1番高い山「金北山」(1172m)



トキは結局見られませんでしたが、このテンには何度も出くわしました。公民館の屋根裏にもいたような…夜中にガサゴソとやっていました。あと狸もよくいましたね。夜寝ていると、女の人の叫び声のような声を何度も聞き、不気味に思っていましたが、どうやらその声の主はタヌキだったようです。



羽黒神社の能舞台。前にも話しましたが、1400年ほど前に蜂子皇子が、山形の羽黒山から出羽三山を開く前に、この佐渡に寄って建てた元神社ともいわれています。この能舞台では8月最後の土曜に、土地の人以外の協力もあって薪能が復活しています。



まだまだ朝晩寒い安養寺にも、春がやってきて、心地良い日差しの中を隅々まで歩きまわりました。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM